スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロコフィエフとガーシュウィンが気になります 

やっといつもの生活にもどりました\(^^)/

今日から子供たちの学校もはじまり、私の教室もはじまりました。
うまくモードを切り替えられるかな、と思ってましたが、またまた子供たちに元気を一杯もらって、楽しくレッスンできました!

アレンジやらバンドやらの反動でか、この2、3日はクラシックばかり聴いています。それもなぜかプロコフィエフが気になって、交響曲全部聴きました。。というより流してました。

私は最近やっとクラシックも他の音楽と同じように流しているのもいいな、と思えるようになってきました。
モーツアルトはあまり音の強弱が激しくないし、何ともいえない落ち着いた気分になれるのでBGMとして流しているのもいいな、と思っていたのですが、他のもの、とくに交響曲は小さい音と大きい音の差が激しすぎて、BGMにはならないな、なんて勝手に思ってました。そもそもBGMにしてしまったら、クラシックに失礼なのかな、とさえ思ってました。
なぜだかわからないけど、ちゃんとおりこうさんに聴かなきゃいけないぞ、みたいな感覚があって、いまひとつCDに手が伸びないという状況でした。

でも、プロコフィエフを静かに流していたら、ああ、こんな聴き方もあるんだな、なんて思えてきました。(本当のファンの人に叱られちゃうかも知れませんね・・・)
そもそも私はプロコフィエフと言えば、“ピーターと狼”くらいしか頭に浮かびませんでした。
でも、最近ソフトバンクのCMで使われ、のだめでも使われ(これはlightwardさんに教えていただいたのですが)、少し身近に感じられるようになり、聴いてみるとなんだかもっと知りたくなり、図書館でいろいろ借りてきてしまいました。
今度はピアノソナタを聴きたいです♪

それからガーシュウィン!
ジャズのようなクラシック、クラシックのようなジャズ、??
彼の作品はジャズのミュージシャンが次々と演奏して、いろいろな形でいろいろな場所で演奏されてますよね。
私も全てジャズから入っているので、彼の原曲というものが果たしてどれなのか、いまいちわかってませんでした。

でも、何気なく図書館で手に取った一枚のアルバム。
小原孝さんのガーシュウィンでした。
なんかとっても新鮮な感覚でした!
http://www2.odn.ne.jp/~cau57200/discos/gershwin.html

彼の弾くガーシュウィンがはたして原曲なのかもわからない自分が情けなく、ちゃんと楽譜を買ってきて練習してみようかな、なんて思いました。(たぶん指が動かなくて届かなくて、すぐにはできないでしょうが・・・ToT)

スポンサーサイト

コメント

いろんな聴き方okでしょう

プロコはともかく、そもそもガーシュイン自身はクラシックとかジャズとかの概念なんて持たず、ただ“良い音楽”を作ろうとしていただけなんじゃないでしょうか…。
それが、あるときはたまたま歌曲だったり、あるときはオケだったりとか。
だとすれば聴く側もあまり構えずに、自分のライフスタイルに合わせた自由な聴き方をしていいと思うのです。
かのD.エリントンいわく
『音楽には、良い音楽と悪い音楽の二種類しかない。』
…だそうですからね。(^^)

クラシックって・・・

堅苦しいようでも、TVつけてれば聴かない日はない程身近なものですよね。
音感のある人はアンサンブルが気になったりするようだけど、
音楽的素養のない私には格好のBGM。
ブラームスの第一番はどうですか?
ドラマチックな気分に浸りたい時にはもってこい。
ドラマチック具合では、ラフマニノフのピアノ曲も・・・

ぼんとろさん

そうですね♪
どんな風に聴くかは受け取る側のことですものね。
またまた幅が広がりそうです!

エリントンの言葉、私が前に紹介した本のなかで飯吉馨さんがおっしゃってました!!
でも、悪い音楽って何なんでしょう?
作ってるほうは悪いと思ってないのでしょうから・・・
これも受け取る側の感性で決めるものなのでしょうか、とも思ったのですが、そうでもなさそうですよね。
明らかにすばらしいと言われている名曲は、私がそれを好きでなくても、いい音楽なのでしょうね。。


えりさん

コメントいただいてなんだか嬉しくなりました♪
いつもBGMにクラシック聴いてるとは・・・!
ブラームスの一番は去年暮れにまたちゃんと聴きたくなって図書館に行ってるのですが、なぜかいつも貸し出し中・・・
予約を入れたので、もう少ししたら来ると思います♪
ラフマニノフといえば、やはりピアノ協奏曲!と思ってしまうのですが、他のももっと聴きたくなりました(^^

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tokimekiblue.blog82.fc2.com/tb.php/61-babbcf36

人の望みの喜びよ/

人の望みの喜びよ/バッハ・ガーシュイン・ガーシュウィン家 に プードル!!?・自己嫌悪・ガーシュウィン ホテル ニューヨークを割引予約・ガーシュイン・[今日のドウブツ]カサブタ、サンカク、ガーシュウィン・先輩ごめんなさい…・神様がくれた愛のみち/伊豆の渡り鳥/

  • [2007/10/14 04:49]
  • URL |
  • はるかの記録 |
  • TOP ▲