スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blue Sky 

今年最後の一枚はこれです!!

Blue sky~Kotaro Oshio Best Album~(DVD付) Blue sky~Kotaro Oshio Best Album~(DVD付)
押尾コータロー (2006/09/29)
東芝EMI
この商品の詳細を見る


爽やかでぬけるようなギターのサウンド! 物凄いテクニックなのに、それをひけらかすのではなく、心から楽しんで弾いているようです。
青い空の下、ひろーい大地で、真っ青な海で聴きたいです。

今年はいろんな音楽に出会うことができました。
一瞬のうちに消えてしまうのに、どうしてその曲をきくと、その頃のことが鮮明に蘇るのでしょうか。 香りや音楽は時空を自由に行き来させてくれるのでしょうか。

わたしもその一瞬の輝きを大切にしていきたいと思います。

ほんとに皆様いろいろとお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。
良いお年をお迎えください。。

押尾コータローHP
http://www.kotaro-oshio.com/index.html

ここで試聴できます♪
http://music.yahoo.co.jp/shop/p/62/297516

こんなのもありました^^
http://gcbag.blog54.fc2.com/blog-entry-330.html#more

スポンサーサイト

あなたに楽しいクリスマスを 

今日は Babyface のこの曲です。。。
これはクリスマスのスタンダードとしてフランクシナトラや、アンディ・ウィリアムスなどが歌ってます。
日本でも、山下達郎がカヴァーしてるそうです。

Have Yourself A Merry Little Christmas

Have yourself a merry little Christmas
Let your hearts be light
From now on, our troubles will be out of sight

Have yourself a meryy little Christmas
Make the Yuletide gay,
From now on, our troubles will be miles away

Here we are as in golden days of yours
Faithful friends who are dear to us
Gather near to us once more

Through the years we all will be together
If the fates allow
Hang a shining star upon the highest bough,
And have yourself a merry little Christams now

And have yourself a merry little Christmas now


みなさま、良いクリスマスを・・・

優しい歌声 

今日はどんより曇り空。。。

私のレッスンもとうとう最終日を迎えました。
ちょっと落ち着ちついた気分で ChemistryAll The Best 聴きながら準備してます♪

のびやかで、優しくて、きれいなハーモニー・・・
こんな声で歌ってもらえたらもうなんでも言う事きいちゃいます。。。

いつまでも いつまでも そばにいてあげよう
それが君への僕のおくりもの


はい、そばにいてください・・・



悲しいけどこの曲も好きです。。。

そんな瞳で僕を見つめられると
別れのせりふも呑みこんでしまいそう

想いは想いのままで 熱を失うだけ
あなたは帰る あの日の場所へ 僕は僕の道へ





あったかい気持ち 

今日のレッスンは、とっても楽しくできました。
子供たちからたくさんの元気と幸せをもらいました。

ゲームをしたり、サンタさんが来て英語でお話ししたり、のほかに私は毎年キャンドルサービスをします。
電気を消して、静かにして、キャンドルの光だけ。。
それで、ギターを弾いて、みんなで Silent Night を歌います。

キャンドルの灯りの中、とっても暖かい気持ちになります。
みんなとっても綺麗・・・ 
ひとつだけ、お願いをして、それは、お金持ちになりますように、とか、成績が上がりますように、とか、ゲームがもらえますように、とかじゃなくて、誰かのためにお祈りします。
そうすると、子供たちは、戦争がなくなりますように、とかホームレスの人がいなくなりますように、とか、家族が健康でいられますように、とか、いじめがなくなりますように、とか言い出すんですよ。。。

年に一回だけでも、優しい気持ちになれたらいいな、って思います。

みんなの心に残ってくれるといいな・・・


今日は高学年のクラスのバックミュージックにこれを流してました。
http://www.neowing.co.jp/detailview.html?KEY=SICP-272

最近は盛り上げる時はワゴンで1000円で売ってた
061219_2029~01.jpg

これです!

めっちゃくちゃ明るいクリスマスソングです。

ちなみに去年はこれも聴いてました。(教室とは関係ありませんが・・・)
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1806094
http://www.tsutaya.co.jp/item/music/view_m.zhtml?pdid=20168225

それから何年たってもお気に入りは
アコースティック・クラブACOUSTIC X'mas です!
http://christmasx.hp.infoseek.co.jp/a-acoustic.htm

日本のミュージシャン達がすごく丁寧に作ったという感じのアルバムです。中でもこのブログのタイトルにもなっている My Favorite Things が好きです♪
このグループのはこれしか持ってないので、いつか他のも聴きたいと思います。

くりすます;;; 

とうとうクリスマス週間に突入してしまいました!!

今週は私の教室でもクリスマス一色です!
めげそうになる自分にムチ打ってがんばります。。

ハロウィンのときもそうだったんだけど、子供たちはとっても楽しみにしてるんです。
私もイベント企画したり、盛り上げたりするのは得意なほうなんですが、どうもお尻に火がつかないとやらないほうで・・・
とうとうそんなことも言ってられなくなってしまいました。。

ハロウィンのときは、ネコになりました。(それがNekoの由来?)ちょっとコスプレにはまりそうな自分がいましたwww
子供たちはすっごく可愛かったのですが、それよりも、お母さん達が、やりたそ~な顔してました(^^;)


週末は老人ホームに演奏にいきます♪
う~、まだ少しアレンジが残ってるし、練習もしてない!!
ちょっとヤバイです。。。((((-O-;)

恋のハプニング * チャカ・カーン 

マイケルがでたら、もうこれを書くっきゃないです♪

チャカ・カーン です!!

恋のハプニング 恋のハプニング
チャカ・カーン (1997/02/25)
ワーナーミュージック・ジャパン
この商品の詳細を見る


あれは忘れもしない、17才のとき、
ジャズピアノは習ってはいたものの、やはり私はソウルミュージックにはまっていました。
チャカ・カーンについてはあまりよく知らなかったのですが、友達に誘われ、ライブハウスに行くことになりました。
夜のライブなのに、私たちは朝の始発に乗って、渋谷のライブハウスの前にいきました。
もちろん誰もきてません。。
やがてお店の人が来て、私たちをみてえらく感激してくれました。

シャッターが開いて、中に入ったときには本当にワクワクしました。これから何が起こるのでしょう・・・

そしてライブが始まりました! うまい! すごーい!! カッコイイー! カワイイ! 
\(*^▽^*)/
We can walk it out、What cha' gonna do for me(恋のハプニング)、
I know you, I live you(あなたに夢中)の踊りはほんとにチャーミングでした♪
ジャズのナンバー、ガーシュインの I love you porgy は会場の一人の男性を見つめてしっとりと歌いあげました。(どうも髭の人が好きみたいです。。) チュニジアの夜もかっこよかったです♪

もう夢のような時間でした。。。

そして、私にとって、もっと凄いことがおこったのです!

朝からならんだ高校生に感激してくれたライブハウスの人が、なんと私たちをチャカの誕生日ライブに誘ってくれたのです!!(もちろん有料ではありましたが・・・)

それは一番前の席で、しかもHappy Birthday でチャカに花束を渡す役・・・

続きを読む

ムーンウォーク 

今日はいい天気♪

よし、がんばって家事をするぞー!っと思い、なぜかプロコフィエフの交響曲を流していました。図書館で借りてきた4枚組みのCDです。

それで、一枚聴いたところで、今度は全然違うのが聴きたくなり、マイケル・ジャクソンの曲をかけました。(違いすぎるだろ~!!)

すると以前からムーンウォークに興味がある上の息子が寄ってきて、どうやるんだ、と聞いてきました。
しかたがないな~ 母が教えてやろう、・・・ということで、それからムーンウォーク講座になってしまいました。

ムーンウォークは膝から下の筋肉をとっても使います。上半身は何食わぬ顔で腹筋から↓を使うって感じです。

なんかやってみると昔よりうまくなったような・・・(気のせい?)

息子ははじめはただの足踏みでしたが、練習の甲斐あって、少し歩いてるように見えるようになってきました。・・・ってどういう親子なんでしょう??

わーっ!! 家事はどうなったんだ~!!

続きを読む

Happy Sax Concert 

昨日は知り合いのコンサートに行ってきました♪

一部はサックスとピアノ、二部はそれにパーカッションが加わる、というおもしろい編成でした。

サックスというとやはりジャズ!というイメージがあるのですが、小串俊寿さんの吹くサックスの音色はとてもやわらかくて、暖かくて、のびがあって、優しいものです。
小串さんのサックスを初めてて聴いたときは、いままで私の知っているサックスとは全く別の楽器かと思うほどでした。

コンサートもアットホームな感じで、作曲家の方、編曲の方などが、観客席で私たちと一緒にコンサートを楽しみ、曲の紹介のときに舞台に上がって、コメントをしていただく、というものでした。
キラキラ星の変奏曲(モーツァルトではない)や、フォスターのメドレー、今井美樹の“瞳がほほえむから”など、曲目もバラエティーに富んでました。
アンコールでは MISIA の Everything でした。。。

アドリブをバリバリするというのではなく、譜面通りに演奏するのですが、クラシックコンサートでは味わえない不思議な感覚がありました。

最近ちょっと疲れ気味でパワーダウンしているので、こんな暖かい音楽をきくのもいいです・・・

http://www.iwakami.ne.jp/~mcken/sax/ogushi-t.html

http://www.ongen.net/search_detail_artist/artist_id/at0000020993/

バッハと徳川吉宗 

先に紹介した飯吉馨さんについての本の中に、おもしろい発見がありました。

先生は独自の歴史年表を作っていらしたようです。16世紀から20世紀までの日本と世界の大きな出来事、歴史に残る政治家、哲学者、文学者、科学者、画家などの名前とともに、作曲家の名前も書き込まれていたようです。
著者の斉藤さんは、その例としてバッハとヘンデルのことを書いています。

バッハとヘンデルはともに1685年生まれで、バッハは1750年に、ヘンデルは1759年に亡くなっています。
そして、日本では八代将軍徳川吉宗が1684年に生まれ、1751年に亡くなっているのです。全くの同世代です!
そして、ニュートン(1642~1727)や近松門左衛門(1653~1724)とも一部重なっているということがその年表をみると一目瞭然だったようです。
私は歴史が大の苦手ですが、このように人物と重ねてみると、もっと楽しいものになるんだな、と思いました。(私も先生の年表いただきたかったです!!!)

それで、ちょっと調べてみました。
すると、アマデウスでおなじみのサリエリ(1750~1825)はバッハが亡くなった年に生まれ、モーツァルト(1756~1792)だけでなく、ベートーベン(1770~1827)やシューベルト(1797~1828)も指導していたようです。ベートーベンはハイドン(1732~1809)にその才能を認められ、しばらく弟子としてついていましたが、売れっ子だったハイドンはあまり熱心に教えてくれなかったようで、そのあとサリエリについたようです。
またチャイコフスキー(1840~1893)の時代には、ペリーが浦賀に来航(1853)し、亡くなった翌年に日清戦争が起きています。

それにしても有名な作曲家の方はどうしてこんなに早死になのでしょう。。。私の好きなショパン(1810~1850)も40才でその一生の幕をとじました。(ガーシュインも39才だったそうです・・・)

続きを読む

Ebb Tide ~引き潮~  

つづきです。。

飯吉馨さんのことについては、お恥ずかしいことに先に紹介した本を読むまでは、新潟に生まれ、新潟大学の音楽科を出た、くらいのことしか知りませんでした。(しかも先月読み終わりました!)
お年もその当時60代前半かな、と思っていたのですが、その本によると、まだ50になるかならないかだったようです!!(かなりびっくり!)
がっちりした体格にシルバーグレーのウェービーな髪、フリルのついたドレスシャツが似合うような感じの方でした。

飯吉先生のクラスは確か7、8人くらいのグループだったと思います。殆どが大人の人たち。高校生は私ともう一人男の子がいました。
そこで具体的に何をどのように習ったのかはよく覚えていないのですが(情けない・・・)先生がよく曲を弾いて聴かせてくださいました。
その音色はきらきらと輝いていて、それは美しいものでした。
私が知っている先生のコンサートでは必ず、Ebb Tide (引き潮)を弾いてくださいました。その頃の先生のテーマ曲だったのでは、と思います。
流れるような美しい、そしてどこか悲しくて力強い、寒い海が目に浮かぶような演奏でした。

何年かして、私も少しお店で弾くようになってからは必ずオープニングは Ebb Tide を弾くことに決めてました。先生には到底およびませんが、緊張してる一曲めにこれを弾くと安心しました。


そのクラスが終わる頃には生徒は3人くらいになっていました。例の男の子もいませんでした。
そんなある日、先生のプライベートなパーティーに誘っていただきました。それは赤坂の小さなクラブで、私はドキドキでしながらドアをあけました。先生には取り巻きの方々が随分いらっしゃったようで、ほんとに大人の女性ばかり・・・
うっ、ば、場違いのところに来てしまった・・・と思いました。高校生の行くところじゃないですよね(^^;)
あまりに緊張して、その時先生が何を弾いてくださったかあまり覚えていません。。。

やがて、そのクラスも終わり、なんと、先生のプライベートレッスンを受けられることになりました!!!
先生のお宅は港区の白金にあるマンションでした。

続きを読む

月の光 

私は月を見るのが好きです。
冬の月は明るくて輝いてます。
そして、ドビュッシー月の光 ・・・

暗い空に静かに輝く月、悲しみも喜びもただ黙って見つめている。
切なくて美しいこの曲が大好きです。

私が今でも師匠と慕う、今は亡きアルトサックスプレーヤーの 土田真弘 さん、その方が亡くなる何日か前に私に一本のカセットテープをくださいました。

これいいから聴いてごらん。。。

そう言ってその場でかけて下さいました。
すると、なんとも切ないサックスの音色・・・

フィル・ウッズ が吹く 月の光 でした。

出だしの細く、柔らかいその音色は、師匠の気持ちをあらわしているようでした。

土田真弘さんは平成元年一月にひっそりとその一生を終えました。
多分お年は50才代だったと思います。
決して長いとは言えないその人生は本当に深く、色とりどりのものだったと思います。チャーリーパーカーを地でいく様な生き方は、平成の世にはついていかれなかったのかも知れません。

私が人生でこれほど影響を受けた方はいないでしょう。
この方のことを忘れないために、しっかりと心に刻みなおしたい為にこのブログをはじめたのかな、とも思います。

私は全盛期の彼を知りません。
でも、彼の奏でる音楽は本当にすばらしく、その音色は私の心を打ち、感動させ、涙させ、ハッピーにさせました。
その生き方は不器用だったかもしれませんが、私は一流のプレーヤーだと思います。


土田真弘さんと出会う前に、もう一人、忘れてはならない方との出会いがありました。
ピアニストの 飯吉馨 さんです。

続きを読む

きらめくサウンド 

そのきらめくサウンドが衝撃的で昔はまっていたのが Return to Forever でした。
私に音楽の楽しさを教えてくれた少し年上の友人がくれたカセットテープには、マッコイ・タイナーや、チック・コリアのきらめくサウンドが入ってました。
カーペンターズからアース、マイケル(小さいころのも)、チャカ・カーン、ホイットニー・ヒューストン・・・とにかく聴きまくりました。(チャカ・カーンについてはまた後ほど・・・)
その人は音響のことにも詳しくて、文化祭でバンドをやるときなんか、PAのことよく相談にのってくれました。私がいろんな音楽を聴くようになったのは多分にその友人の影響があると思います。
スペインラ・フィエスタ はその友人と必死になって耳コピして練習してましたっけ。。。

そんなこんなで、Return to Foreber の私が知らない曲を聴きたくて、安易な私はまたまた図書館でベスト盤を借りてきてしまいました。
 

This Is Jazz, Vol. 12 This Is Jazz, Vol. 12
Return to Forever (1996/09/24)
Sony Jazz
この商品の詳細を見る


1曲目は言わずと知れた 浪漫の騎士 ですが、4曲目の So Long Mickey Mouse では、レニー・ホワイトのドラムとスタンリー・クラークのリズムセクションの凄さを思い知らされました。
それから、やっぱり私は5曲めの グリーン・ドルフィン・ストリート が好きですね♪チック・コリアってジャズピアニストだったんだ~、なんて思ってしまいました(^^;)

続きを読む

ビル・エヴァンスのサンタが街にやってくる♪ 

やばい! ラジオからこんなステキな音楽が流れてしまった!!

今日は凄く忙しいのに、思わず黙っていられなくなってしまいました!

きゃーっ!! やっぱりビル・エヴァンスは素敵・・・

このCDに入ってるそうです。もう早速GETします♪

ビル・エヴァンス 25~ヴァーヴ編 ビル・エヴァンス 25~ヴァーヴ編
ビル・エヴァンス (2005/09/14)
ユニバーサルクラシック
この商品の詳細を見る

君のともだち 

うちにいる時はだいたいJ-WAVEを流しっぱなしにしているのですが、
さっき ダニー・ハサウェイYou've Got A Friend
流れました♪
そうか、この曲があったんだ!!と思いました。
これは、キャロル・キングの曲ですが、私はゴスペルのようなハサウェイのライブが好きです。あとは、ロバータ・フラックとのデュエットもいいですね~(ロバータ・フラック大好きです!)

http://www.hmv.co.jp/product/detail/121056
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=846795

今では小学校の教科書にも載っている 杉本竜一 さんのビリーブを思わせる歌詞・・・ 今度子供たちにはこの曲を教えよう、と思いました。
古くてもいい曲はいい曲ですよね!

以前、英語教育法の研修を受けていたとき、私がこの曲目を言うと、見学にいらしたOxford大学の先生方も、みなさんニコニコして、あれはいい曲ですね、と言ってらしたことを思い出しました。
自分では歌ったことがなかったので後回しにしていましたが、来年はチャレンジしてみよう、と思いました。


続きを読む

コラール 

街にクリスマスのイルミネーションがともると、なんか落ち着かなくなります。
わさわさするというか、せかされてるというか、あまり好きではありません。
やることが山ほどあるのに、何一つ終わっていなくて、焦っています。

このテンプレは素敵なんだけど、メルヘンチックで何か私らしくないかな、って感じがします。でも、早くやることやりなさい、って自分を戒める、ってことで使ってます。

今日の午前中はまず、EAGLESHELL FREEZES OVER っていうアルバムをきいていました。94年に出されたもので、おなじみの曲+その頃の新曲4曲がはいっていて、落ち着いた感じに仕上がってます。ラストに入っている desperado は何ともいえず、心地よかったです。

Hell Freezes Over Hell Freezes Over
Eagles (1994/11/08)
Geffen
この商品の詳細を見る


そのあとは B'z を聴きながらいろいろしてました。
せっぱ詰まった気持ちの時はやっぱりこのサウンドです!!
ほんとに松本さんのギターはカッコいい!! 稲葉さんの声とのかけあいがたまりません。 体が熱くなるサウンド、やるぞーっていう気持ちになります!
今日はこれを聴いてました。

B’z The Best“Pleasure” B’z The Best“Pleasure”
B’z (1998/05/20)
バーミリオンレコード
この商品の詳細を見る


B´z The Best Treasure B´z The Best Treasure
B’z (1998/09/20)
バーミリオンレコード
この商品の詳細を見る


この季節には いつかのメリークリスマス が泣かせます。


夕方は久しぶりにパイプオルガンを弾きにいきました。
はじめはまだ、わさわさした気持ちでした。
でも、小さな静かな音で、コラールを弾いているうちに、少しずつ心が洗われていく感じがしてきました。
人の心の原点、音楽の原点って、ここにあるのかも、って思いました。

クリスマス前のこの時期にだけ弾く曲、
  Nun Komm, der Heiden Heiland...

ちょっと優しい気持ちになったかも・・・



それにしても、B'zを聞いたあとに、コラール弾く私って、変ですかね~

何か昔ギンギンのエレキギターでバッハやってる人いましたよね・・・

模様替え 

昨日の演奏を聴いて夢から覚めない私は、

夢見心地でテンプレ変えました。。

もうほんとに素敵な演奏でした♪  ウットリ・・・


こんな風に部屋もあっという間に変わればいいのに・・・と
つくづく思ってしまいます。

誰か~助けて~!!\(^○^;)/