スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウル山盛り! 

映画 『ドリームガールズ』 行って来ました。
ソウルファンにはたまらない映画だと思います。

070305_1411~01.jpg


はじめの新人オーディションのところで出てきたエフィー役の ジェニファー・ハドソン の声を聞いた時にはぶっ飛びました! とにかく、声がいい、うまい!! 映画の中で何回拍手をしたくなったか・・・
以前見た、オフ・ブロードウェイ・ミュージカル、『MAMA, I Want to sing』 を思い出してしまいました。

ただ、あまりにもソウルフルで張り上げてうたうところが長く、ちょっとボリュームさげて~と思ってしまったところがあったのも事実です。
そんな時は、ビヨンセ の軽いタッチの歌声にほっとしたりして。。

それにしてもビヨンセの美しさは、ため息が出るほどでした。
映画のなかで、どんどん綺麗になっていって、スターになっていくんですよね。。
それから エディー・マーフィー 、歌がうまいのには驚きました。ピアノまで弾いちゃうんですね。

曲では最後の方で ジェイミー・フォックス とビヨンセがデュエットで歌う、“When I Firs Saw You” が素敵だな~♪と思いました。
ジェイミーの歌声、もっと聴きたかったです。マネージャーという役柄なので、あんまり歌ったら変なのでしょうが・・・
私は彼が演ずるレイ・チャールズの映画を見てないので、早くみなくちゃ、と思いました。

あ~、あの頃のアフロはかつらだったんだ~、とか、すごい形のマイクだな~、とか、小さい頃のマイケルみたいのがいるぞー、とか、ちょろちょろ楽しいネタもありました。

まるまる2時間、たっぷり聴いてデザートもついて、おなか一杯、ご馳走様でした、という感じの映画でした♪(^^)


続きを読む

スポンサーサイト